So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

“メール魔”橋下知事、なぜかツイッターではおとなしい(産経新聞)

【橋下府政ウオッチ】

 世間の流行に遅れまいということなのだろう。大阪府内の首長や議員らの間でも、ミニブログ「ツイッター」を始めるのがはやっている。新たな支持者の拡大を狙っているのか。新しいことに挑戦したいのか。動機はそれぞれだろうが、府政の担当記者としては、彼らの発言をチェックするのも仕事のひとつだと思って、時折、彼らのつぶやきを観察している。

 大阪府の橋下徹知事は「大阪維新の会」が開設するツイッターのなかでまれにつぶやくものの、記者会見の過激発言に比べると、内容はおとなしめだ。メール魔として知られる知事は府庁幹部らにはものすごい勢いで大量のメール発信をしているにもかかわらず、ツイッターではその本領は発揮されていない。

 記者会見などでの発言同様に、幹部に対するメールでも過激な内容が多いのに、ツイッターでは文面だけ見ると別人のように静かだ。知事に対して「つぶやいてほしい」という要望もあるらしいが、反応は鈍い。知事はツイッターが、好きではないのだろうか。

 いつもは冗舌な橋下知事に対して、大阪市の平松邦夫市長の方がおとなしめだといわれているが、ツイッターでは両者の立場は逆で、平松市長の方が「おしゃべり」だ。

 平松市長のツイッターは開設されたばかりにしては、書き込みの数は多い。身辺雑記のような内容だけでなく、橋下知事が提唱する大阪都構想への批判など政策面の主張がみられることもある。また、市長あてに寄せられた質問に答える場面もあって、ツイッターを意欲的に利用したいと考えている様子が見える。

 このように、ツイッターを利用する首長や議員らの使い方はさまざまだ。政治の話だけでなく、昨今のIT事情や見ているテレビの感想なども交えながら積極的につぶやき、フォローしている「読者」を着実に増やす議員がいる半面、せっかく開設したのに1回きりしかつぶやかない議員も。

 多少のミスはご愛嬌(あいきょう)でもあるのだけれど、やたらと誤字脱字が目立つ人もいる。

 さらには、議員同士が政策議論を始める興味深い場面に出くわすこともある。今後は、地方議会のなかでもツイッター発で新たな議案が登場するといったことが起きるかもしれない。一方で、実名でつぶやいているのを忘れたのか、たいして根拠も書かず、対立勢力を悪意だけで非難する見苦しいつぶやきを目にすることもある。

 「政治家の顔が見えない」とお嘆きの方は、こういった地元の政治家のつぶやきを見るのもひとつだろう。もちろん、ツイッターだけで判断するのは早計だろうし、なりすましがあったり、秘書が代行してつぶやくケースもあるのかもしれない。

 だが、新しいメディアの登場に、試行錯誤している首長や議員たちの様子をみていると、彼らの新たな一面が見えるような気もして興味深い。もしかしたら、ツイッターの広がりが地方政治のあり方も変えていく、ということになるのかもしれないと思っている。(河居貴司)

【関連記事】
議会質問はやぶへび? 知事の一声で路上喫煙禁止に
座ってられない大阪府議たち…講演会で次々と退席したワケ
「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに?
強い自治体の陰に…脳損傷者家族を襲う「介護者亡き後」の不安
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
福島県相馬市、浪江町で震度5弱(読売新聞)
<雑記帳>「生マグロカレーずし」で勝負だ!(毎日新聞)
菅首相、消費税増税に踏み込むも説明不足 ねらいは主導権(産経新聞)
傷害致死容疑で男逮捕=大声めぐり隣人に暴行―福岡県警(時事通信)

樽床氏、岡部まり事務所開きを応援(スポーツ報知)

 民主党から参院選大阪選挙区に立候補するタレント・岡部まり(50)の事務所開きが6日、大阪市内で行われ、4日の同党代表選で菅直人氏(63)に敗れた樽床伸二・衆院環境委員長(50)が選対本部長としてあいさつした。

 同党関係者から「大阪で一番、総理に近い男」と紹介され登場した“時の人”樽床氏。まずは「代表になり損ねましたが…」と笑いを誘ったが、すぐに表情を引き締め「気分一新、岡部さんを大阪の立役者にしたい。ピンチをチャンスに変え、新しい流れをつくり出していきたい」と声を大にした。

 援軍を得た岡部は「激流の中、大阪が元気になって、難破しそうな日本を救っていきたい。この日が船出です」と決意表明。「政局の変化には、まったく揺れておりません。私の覚悟、決意をお一人お一人に街の中で訴えていきたい」と誓った。

 また、岡部とABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で共演していたタレント・立原啓裕(56)も応援に駆けつけた。

 【関連記事】
橋下大阪府知事、樽床衆院議員と同席も発言に距離感
樽床氏「ゆっくり眠れた」
民主党代表選に樽床氏と菅氏が届け出
樽床氏が代表選出馬、七奉行の1人も無名の存在が新首相に名乗り
民主党 大阪選挙区 岡部まり を調べる

「ごめんね…」首相は閣僚につぶやいた(産経新聞)
携帯電話を使って注射の記録、ノボ社が新サービスを開始(医療介護CBニュース)
横浜の弁護士が事務所内で刺され重傷 30歳くらいの男が逃走か(産経新聞)
伸子夫人、菅新首相に「ご愁傷さま」(スポーツ報知)
<ローソン子会社>元専務ら捜査へ 特別背任容疑で東京地検(毎日新聞)

<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)

 放送番組への介入が懸念される放送法改正案について、自民、公明の両党は19日、それぞれ修正案を国会に提出した。いずれも政府案の▽総務相への建議など電波監理審議会の権限強化▽NHKの経営委員会の構成員に会長を加える−−を削除することなどを盛り込んだ。20日の衆院総務委員会で、政府案と修正案を審議し、その後、与野党で政府案の修正協議に入る予定。

<詐欺>うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長(毎日新聞)
小沢おろし狙い? 玄葉氏新グループ(産経新聞)
普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント―長妻厚労相(時事通信)

<阿久根市長>「花火規制条例」を専決処分 議会側反発(毎日新聞)

 市議会出席を拒否している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、4月27日に「花火規制条例」を専決処分し告示したことが7日分かった。地方自治法によると、緊急を要する場合に、専決処分が可能。議会側は「花火規制は急ぐ必要はない。議会無視で独裁につながる」と反発している。

 議会関係者らによると、市長は4月末の市区長会総会で、花火使用を制限する条例を専決処分で決め27日付で告示した、と述べた。区長の1人が「議会に諮らないでいいのか」と質問すると「あとで承認をもらえばいい」と話し、毎年夏前に市内の海岸で花火による騒音苦情が出るため、条例を定めたと説明。今月6日の課長会でも「仕事は迅速にやるべきで、議会にかけたら時間がかかる」と発言したという。

 地方自治法179条は、議会を招集する時間的余裕がなく緊急の場合に首長は専決処分が出来ると定めている。次の議会での報告・承認が必要。市議らは「花火規制は6月議会で間に合う」「議会のチェック機能を無視し、独裁を行うと宣言したようなもの」などと批判している。【馬場茂】

【関連ニュース】
阿久根市訴訟:元係長の懲戒免職処分取り消し…鹿児島地裁
阿久根市議会:市長不信任案を全会一致で否決
阿久根市長:県警が任意聴取 選挙中ブログ更新
阿久根市:市長派と反市長派が怒鳴り合い…市議会特別委
阿久根市長:3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島

<民主党>山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回(毎日新聞)
介護サービスへの苦情、1割減−東京都国保団体連合会が調査(医療介護CBニュース)
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る? −環境省(時事通信)
パトカー追跡のバイクが事故=高校生2人けが−鹿児島(時事通信)
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)

福知山線脱線 指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で(毎日新聞)

 「被害者や遺族の無念さ、憤りの強さ、癒やされることのない深い悲しみ。供述調書を読む中で、ひしひしと感じた」。JR西日本の歴代3社長を起訴した指定弁護士4人は記者会見で、「被害者と遺族の思いを胸に刻み、公判に臨む」と意気込みを語った。

 先月26日の起訴議決からわずか1カ月。公訴時効直前での起訴にこぎつけた。「スタートラインに立てた」と語る一方、公判の焦点である予見可能性の立証などについては、「公判で明らかにしたい」と言及を避け、厳しい表情を終始崩さなかった。

 3被告への事情聴取は時間的な制約から見送った。主任の伊東武是弁護士は「起訴か不起訴か選択の余地がなく、必要ないと判断した。供述より客観的な証拠の積み重ねが重要」と説明。今後も3被告の取り調べはしないといい、「難しい事件だが、起訴内容は十分に立証できると確信している」と自信をみせた。

 また、診断書を精査し、事故による負傷者数を、山崎正夫被告の起訴時に神戸地検が認定した数より8人多い493人とした。地裁には公判前整理手続きを要請し、今後3カ月間は証拠の整理に当たる方針。遺族や被害者への説明会も要望があれば検討するという。

 兵庫県弁護士会の乗鞍良彦会長は「公訴時効まで1カ月しかない中、指定弁護士は膨大な量の捜査記録を精査し、職責を果たした。補充捜査の必要性も考えられ、裁判所や検察庁と協議しながらバックアップする」との談話を発表した。【重石岳史、近藤諭】

【関連ニュース】
弁護士法違反:司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い
佐世保小6殺害:事件報告書で人権侵害 弁護士会是正勧告
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発
オウム:松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連

「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
身は給食、皮は卒業証書に 篠崎5小でタケノコ掘り(産経新聞)
<日本記者クラブ賞>本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初(毎日新聞)
<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)
バンコクの危険情報引き上げ=外務省(時事通信)

首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(21日夜)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、自民党の谷垣禎一総裁との党首討論で「私は愚かな総理かもしれない」と発言した真意について「(米紙)ワシントン・ポストがそのように揶揄(やゆ)をされた。それをそのままいただいた」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【普天間問題】

 −−首相はきょうの党首討論で米海兵隊の抑止力は大きいから沖縄から遠いところに移設するのは適当でないと発言されたが、ではなぜ総選挙前に米軍普天間飛行場の移設先を最低でも県外、できれば国外と言ったのか。政権をとって、詳細を知った結果、抑止力に関する考えに変化はあったのか

 「あの、抑止力の重要さ、これは前から認識をしていました。むしろ正確に、政権の中に入ってさまざまな情報というものを理解していく中で、それが深化をしたと、そのようにとらえてください」

 −−首相はきのう、この場所で鹿児島県・徳之島の3町長に電話をした瀧野欣弥官房副長官の気持ちは、滝野副長官に聞いてほしいと言ったが、平野博文官房長官の指示で行ったことを瀧野さんの気持ちとなさるのはいかがなものか。うまくいった手柄は政治家がとり、失敗した責任は官僚がとる、それが鳩山政権の政治主導ということなのか

 「へっ。そういうわけではありません。この件に関しては平野官房長官が、あー、瀧野長官に、指示をしたというふうにうかがいました。したがって、あー、この件当然事務方のトップとして瀧野副長官にお願いをしているということもありますから、平野長官がそのことを返事をして、えー、徳之島で大集会を開かれましたからその状況というものを聞かれたと、聞こうとされたというふうに私は理解をしております」

 −−瀧野副長官の気持ちの問題ではないのでは

 「ですから平野官房長官です」

 −−首相は普天間飛行場移設問題についてここまでマスコミの注目を集めることに疑問をお持ちの様子だと拝見するが、きょうはすべての政策に職を賭すとしながらも、普天間問題の決着による進退の判断はかたくなに避けている。いまや首相自ら見直しを言い出した問題で約束を守るのかどうかということが国民が鳩山政権を信頼できるのかどうかの試金石となっているという意識は持っているか

 「はい。それだけにこの5月末までに何としてもこの問題、決着をさせたいと。その思いでございます。これ、私は、谷垣(禎一・自民党)総裁との党首討論でも申し上げました。もう、ある意味で愚直にですね、簡単に、それならば辺野古に決めようと、12月に決めようと思えば、それは日米関係はむしろ、その直後は良好だったかもしれない。しかし、愚直にそのことは私は望ましいとは思わなかったと。そして、新たな移設先というものを考えてきたということでございます。それだけに厳しい状況というのはよく存じておりますけれども沖縄の県民のみなさん方のご負担を何としても少しでも和らげたいと。その思いのもとで今努力をしていると。それに尽きることでございます」

【舛添新党】

 −−きょう自民党の舛添要一前厚生労働相が離党、新党結成に向けた動きを見せているということで話題を呼んでいる。新党結成の動きが各所で止まらない中、こうした動きが参院選に与える影響は

 「これは自民党さんも大変だなと。そのような思いはあります。しかし、こういうときだからこそ、参院選を考える前に今、いかにして国民のみなさんのためにしっかりとした政治を行うかという原点を見つめ直して努力をしてまいりたいと。その一言であります」

【愚かな総理発言】

 −−きょうの党首討論で、私は愚かな総理かもしれませんとおっしゃった。愚直に、という言葉もあったが、国民からすると普天間問題が混乱して不満、不安が募っている。この状態で愚かな総理という真意は

 「はい。この意味はですね、ワシントン・ポストがそのように揶揄をされたと。それをそのままいただいたわけであります。すなわち、愚直にですね、やはり沖縄の県民のみなさん方のご負担というものを何としても、少しでも和らげたいという思いがあった。それから本当の意味で、あの、(沖縄県名護市の)辺野古に決めたときに何も動かなくなってしまうことで、日米安保が守られるのかと。そのことの心配もあったと。むしろ愚直に、愚かかもしれないけども、その思いを守りたいと。沖縄県民のみなさんのために尽くしたいという思いから出てきた言葉であります。私はしかし、その愚直さを今こそ生かさなきゃならないときであると。簡単に考えればですね、ある意味で昨年の12月に決着を図ろうと思えば、それは楽だったかもしれない。どんなに負担が個人としては楽だったかもしれない。しかし、そのことで本当によいのかと。私は日米安保のためにも、むしろ愚かで愚直であるかもしれないけれども、県民のみなさんのことを思い、そして真の意味での日米安保のことを考えたときにはむしろ、この判断が将来正しかったということを言っていただけるときが来るんじゃないかと愚直にそのように考えています」

【関連記事】
「愚かな総理かもしれません」と首相 米紙の報道に
党首討論要旨 鳩山首相「私は愚かかもしれない」
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
鳩山首相は「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評

こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)
<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
<共産党>志位委員長と駐日米大使が会談(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)

6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)

 林業が盛んで「杉の町」として知られる鳥取県智頭町で18日、火難除けを願って山から切り出した杉の大木を地元の諏訪神社に奉納する6年に1度の神事「柱祭り」が行われた。

 午前3時、白装束に鉢巻き姿の氏子の男性たちが太鼓の合図とともに杉山に入山し、幹回り72〜78センチ、長さ約8メートル、重さ約300キロの神木を切り出した。

 “ムカデ”と呼ばれる台座に固定された神木を、数百人の氏子らが交代で担ぎ、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩いた。

 神木は最後に諏訪神社の境内で清められたあと、氏子らの手によって皮がはぎ取られ、本殿を囲むように東西南北の方角に建立された。6年後には、家庭の神棚に供える板に加工され、氏子に配布される。

 担ぎ手として参加した会社員、芦田正博さん(45)は「林業の町に受け継がれた伝統行事に参加できて感慨深いです。後世にも伝えていきたい」と話していた。

 祭りは、同町が大火に遭った天明2(1782)年、長野県の諏訪大社の「御柱祭」にならって始められ、以後、6年に1度行われている。

【関連記事】
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR
北山たけし、高千穂神社で奉納ライブ♪
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選
外国人地方参政権問題に一石

ネット選挙解禁で協議=各党(時事通信)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う(産経新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)

松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)

 公安調査庁と警察庁は16日午前の閣議で、オウム真理教(現アレフ)の2009年の活動状況をまとめ、報告した。松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚と同死刑囚の説く教義に対する信者の崇拝が続き、「オウムが現在も依然として存続の基盤を成している」と分析している。
 報告はオウム対策として制定された団体規制法に基づき、毎年1回行われている。それによると、国内の信者数は約1500人で前年並みだが、松本死刑囚が活動に絶対的な影響力を持っていると指摘。また、幹部信者が松本死刑囚の地下鉄サリン事件などへの関与を否定していることを踏まえ、「組織体質は欺瞞(ぎまん)的」としている。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
手柴死刑囚が病死=建設会社社長ら2人殺害

ペット死体の大量投棄「被害者の会」結成へ(読売新聞)
石原知事、平沼新党から参院選出馬構想…幻に(読売新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
不法残留の韓国人男性自殺=東日本入国管理センター−茨城(時事通信)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)

耐火仕様に不適合=鹿島など開発のビル用外壁−国交省(時事通信)

 国土交通省は7日、建設大手の鹿島と建材メーカーの岐阜折版工業(岐阜県岐南町)などが共同開発したビル用外壁が、建築基準法で定められている耐火構造の仕様に適合しないことが分かったと発表した。同省によれば、東京と大阪、神奈川の計7棟で使われており、各社に改修や再発防止策の報告を指示した。
 外壁は複数のパネルをつなぐ仕組みだが、同省によると、パネルの接ぎ目を覆うカバーがないなどの問題があった。鹿島は「すべての物件を適法とすべく、鋭意対応している。関係者に多大なご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」との談話を出した。 

高速道路上限制導入後、フェリー運賃は倍額 大阪フェリー協会試算(産経新聞)
<燕市長選>鈴木氏が無投票で初当選 新潟(毎日新聞)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
別の患者骨折疑い 元看護師を再逮捕(産経新聞)

シャトル 山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参(産経新聞)

 米スペースシャトルで宇宙に飛んだ山崎直子さん(39)は、船内で使う特製の「普段着」を持参した。目玉は日本女子大の多屋淑子教授とファッションデザイナー、芦田多恵さんらが共同でデザインしたカーディガン。機能性と美しさを追求した“宇宙仕様”の一着で、山崎さんの無重力生活を快適に支える。

 縫い目がなく、肌に優しいニットを使用。無重力では体が自然と前かがみになるため、背中が窮屈にならないように後ろの丈を長めにした。素材は綿とポリエステルで暖かく、乾きやすい。山崎さんのサイズに合わせたオーダーメードだ。

 色は春をイメージした淡いブルー。「無機質な船内に花を添える優しい色にした。少しでも安らいでもらえたら」と芦田さん。現地で打ち上げを見守った多屋教授は「体にフィットしてシルエットが美しくなるように工夫した。きっときれいに着てくれるでしょう」と笑顔で話す。

 国際宇宙ステーション(ISS)の船内は23度前後だが、小柄な人は寒く感じるときがある。多屋教授らは昨年、「カーディガンがほしい」という山崎さんの要望を受け、民間企業の協力を得て開発。宇宙航空研究開発機構が行った船内服の公募で採用された。

【関連記事】
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信−平沼氏(時事通信)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
<ES細胞研究>生殖細胞作成 4月にも解禁(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。