So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)

 マウスの皮膚の細胞に三つの遺伝子を導入し、神経細胞を作り出すことに米スタンフォード大の研究チームが成功し、この細胞を「(人工的に)誘導された神経細胞」を意味する「iN細胞」と名付けた。ES細胞(胚(はい)性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)のようにどんな細胞にも変化できる「万能細胞」を使わず、体細胞から直接、形質が全く異なる細胞を狙い通りに作成した成果として注目される。27日付の英科学誌ネイチャー(電子版)で発表した。

 研究チームは、神経細胞のみが光るように遺伝子改変したマウスの胎児の組織や新生児の尾から、皮膚中でコラーゲンなどを作る「線維芽細胞」を採取。神経細胞への変化に関係する19の遺伝子のうち三つをウイルスに乗せて導入すると、5〜8日で光る細胞ができ、神経細胞として働くことが確認された。

 iPS細胞を作成するには数週間かかり、神経、筋肉、心筋などの目的の細胞に分化させる必要がある。移植の際に分化しきっていない細胞が混じればがん化する可能性もある。一方、今回の方法はiPS細胞を使う場合に比べ、より簡単かつ短期間でできる。さらにiN細胞はそれ以上変化しないため、がん化の可能性も低いと考えられるという。

 チームの一員で同大再生医学研究所のリサーチアシスタント、国分優子さんは「将来的には、患者本人の細胞からがん化の可能性や移植時の副作用が少ないiN細胞を作成することで、移植治療の臨床応用の可能性を広げることができるのでは」と話す。【須田桃子】

 ◇安全性の検証必要 iN細胞

 米スタンフォード大が成功した体細胞を直接、目的の細胞に変化させる試みは、「ダイレクト・リプログラミング」と呼ばれ、iPS細胞研究と並んで世界的に研究が進みつつある。

 過去には、米ハーバード大の研究チームが08年、マウスの膵臓(すいぞう)の膵液を作る細胞に三つの遺伝子を組み込み、インスリンを作るベータ細胞を作成した例がある。しかし、インスリンは元々膵臓で産出されるのに対し、米スタンフォード大の研究は、採取が簡単な皮膚の細胞を使い、元の細胞とは性質も形態も全く異なる細胞を作り出した点で、これまでにない成果と言える。

 岡野栄之・慶応大教授(再生医学)は「いつかはこのような研究がなされるだろうと予期していたが、ついに出たという感がある」と評価する。一方、体細胞に複数の遺伝子を導入して別の細胞に誘導する発想は、もともと山中伸弥・京都大教授らがiPS細胞の作成で示しており、「今回の研究もiPS細胞研究の延長線上にあると言える」と指摘する。

 iN細胞は元の細胞の形質が完全に消えているかどうかなど、未知の点も多い。iPS細胞と同様、再生医療での利用には特に安全性の詳細な検証が必要だ。【須田桃子】

 ◇慶応大チームは神経幹細胞成功

 慶応大の岡野栄之教授(再生医学)の研究チームは27日、大人のマウスの線維芽細胞に複数の遺伝子を導入し、神経細胞の元になる神経幹細胞を作り出すことに成功したことを明らかにした。導入した遺伝子は、米スタンフォード大の研究とは全く異なり、できた神経幹細胞から、神経細胞や神経細胞の働きを支える「グリア細胞」を分化させることにも成功したという。【須田桃子】

【関連ニュース】
ES細胞:がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見
コラーゲン入り食品:相次ぎ発売…スープ、ソースなど好調
放医研:iPS細胞に変化の瞬間をキャッチ 世界初の成功
理系白書’10:挑戦のとき/20 アスビオファーマ副主任研究員・服部文幸さん
コラーゲン食品:続々発売 ドレッシングに、おでんに…

空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
平野長官発言で解決困難に=自民幹事長(時事通信)
<HP掲載>補導少年49人の実名など誤って 愛媛県警(毎日新聞)
介護施設でのターミナル、ケアマネが意見調整の中心に(医療介護CBニュース)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)

仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は21日の衆院予算委員会で、野党時代に西松建設からの献金問題で当時民主党代表だった小沢一郎氏の辞任を求めていたことについて「単なる野党の一代議士だったから」と釈明した。その上で、現在は小沢氏の辞任を求めていない理由について「今は行政府の一員という立場であり、そのことも含めて自らの発言を律しなければならない」と述べた。

 立場が変われば主張も変わるという意味のようだが、深読みすれば、今も小沢氏に辞任を要求したいのはやまやまだが、閣僚という立場上、やむを得ず自粛したというふうにも受け取れる微妙な発言だ。

 もともと小沢氏と距離を置いてきた仙谷氏は昨年3月の時点では、西松建設献金事件で当時代表だった小沢氏の公設秘書が逮捕されたことを受け、「衆院選に向けて必死にやっている候補者を巻き込まないため、自主的に政治判断すべきだ」と辞任を求めていた。

<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)
小沢氏「職務全うしたい」辞任の意向無し(読売新聞)
リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割(読売新聞)
<星雲>5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)

進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)

 小泉Jr.が、“美人すぎる市議”にラブコールを送った。自民党は24日、今年最初の定期党大会を都内のホテルで開催。若手有望株の小泉進次郎衆院議員(28)は丸川珠代参院議員(39)とともに司会を務め、終了後は、今夏の参院選に自民党の比例代表での出馬が濃厚な青森・八戸市議、藤川優里氏(29)について「(参院選に出れば)心強い」と立候補を熱望した。

 つつがなく司会を務め終えた進次郎氏には、記念撮影を求める若い女性の取り巻きができた。支持率低迷の自民党で唯一のモテ男。ひと際人目を引く“美人すぎる市議”藤川氏の姿は、そんな男の目にもやはり留まった。

 初対面の印象を聞かれると「華がありますね! で、顔が小さい。そういう印象でした」と目を輝かせた。参院選では自民党の目玉候補としての出馬に向けて調整が進められていることも耳に入っており「(出馬が決まれば)心強いんじゃないですか。今日も舞台に出て、華があってお話もできる。非常にフレッシュで力強い自民党の市会議員の方ですね」。堂々の“ラブコール”だった。

 「みんなでやろうぜ」が谷垣禎一総裁(64)のキャッチフレーズ。進次郎氏は「(国民には)若さのある自民党も見ていただきたい。若手とベテランが一致団結してみんなでやっているというところを実感していただきたい」。青年局次長という立場としてもフレッシュな新戦力は大歓迎。美しければ、なお良いことは言うまでもない。

 元高校球児の当を得たさわやかな言動には、ゲストの野村克也氏も「しゃべりも上手だ」と感服。「光栄です。野村監督の本は読んできましたから。野球をやっている時に読んでおけばよかった。特に『野村ノート』を…」と喜びを隠さなかった。

 この日は参院選での自民党公認候補51人(選挙区32人、比例19人)が壇上で自己紹介したが、“隠し玉”の藤川氏は登壇しなかった。同じ八戸市出身で親交のある大島理森幹事長(63)は「(今日は)女性局のメンバーとして来ていただいた。参院選出馬? さあ、どうでしょうか」と明言は避けたが、否定せず。“衆院の進次郎”“参院の優里”となれば、党にフレッシュ感が醸し出されることは間違いない。

 【関連記事】
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ
進次郎氏「自由ある自民 自由ない民主」
美人すぎる市議、映像で八戸をPR
美人すぎる市議、参院選出馬の意向伝える

高1男子、父親の拳銃で自殺か…岡山の駐在所(読売新聞)
<名護市長選>県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに(産経新聞)
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す(産経新聞)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)

オウム元幹部・新実被告の上告棄却、死刑確定へ(読売新聞)

 地下鉄、松本両サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害など11事件で殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けたオウム真理教元幹部・新実智光被告(45)の上告審判決が19日、最高裁第3小法廷であり、近藤崇晴裁判長は新実被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 教団による一連の事件で死刑判決を受けた13人のうち、すでに麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(54)ら9人の死刑が確定しており、新実被告で10人目。

 1、2審判決によると、新実被告は松本死刑囚らと共謀。1995年3月20日、営団地下鉄(当時)3路線の5電車でサリンを散布して計12人を殺害するなど、計26人が犠牲になった教団による殺人事件7件すべてにかかわった。

<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
橋下知事、東京地検を「きちっと捜査してる」(読売新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
カルガモ走行でETC不正通行460回! 運送業の男逮捕(産経新聞)

窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)

 21日午前5時25分ごろ、大阪市中央区南船場3のオフィスビル1階に入る高級ブランド店「ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店」前で、「3人組の男が棒で店のガラスを割っている」と通行人から110番通報があった。大阪府警南署によると、店内からバッグ、時計、ネックレスなど計約35点(約900万円相当)が盗まれており、同署は窃盗事件として、逃げた男らの行方を追っている。

 同署やビルの防犯カメラの映像によると、男らは店の前に現れた後、正面玄関のショーウインドーの強化ガラス(厚さ約2センチ)を割って店内に入った。約3分後、数箱の段ボールを運び出し乗用車に積み込んでいた。警報音で警備員が駆け付けると、店の前から白い乗用車が東方向へ走り去ったという。ガラスは縦約1.5メートル、横約60センチの大きさに割れていた。

 男らはいずれも上下が黒っぽい服装で、うち1人は白いマスクを着用していた。店内はショーケースなどが割られ、商品が盗まれていた。

 現場は大阪・ミナミの一角で、御堂筋と長堀通の交差点の北東角。一帯は同店のほか、オメガ、シャネルなどの高級ブランド店が並んでいる。【茶谷亮、山口朋辰】

【関連ニュース】
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店
指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町

<小沢幹事長>検察と全面対決 続投で政権にリスク(毎日新聞)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
<環境問題>経済優先のアジアでも関心高まる 博報堂調査(毎日新聞)
<加湿器>中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)

ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)

 ハイチ地震被災者の医療援助に当たるため、医官や看護師を含む陸上自衛隊員約110人が21日夜、成田空港から日航チャーター機で出発した。
 一行は陸自中央即応集団と第13旅団の隊員で、米マイアミで空自C130輸送機に乗り継ぎ現地入りする予定。レオガン市にある大学の看護学部で活動する。活動期間は未定。
 隊長を務める白川誠1等陸佐(48)は出発前、「真心のこもった支援をしたい。少しでもハイチの人々の役に立ちたい」と意気込みを語った。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<ハイチ大地震>緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明(J-CASTニュース)
自民「小沢氏の責任」=公明幹部「わが党なら議員辞職」(時事通信)
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献−米大学(時事通信)

片山氏公認問題 党大会後に先送り(産経新聞)

 自民党は15日、今夏の参院選の比例代表候補に公認申請している片山虎之助元総務相(74)の結論を、24日の党大会以後に先送りする方針を決めた。山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)の公認を見送る正式発表も来週以降に先送りさせる考えだ。公認賛成派と反対派による対立を党大会で噴出させないための配慮とみられる。

 谷垣禎一総裁は15日午後、党本部で記者団に対し、片山氏らの対応について「近々に結論を出す」と強調した。一方、大島理森幹事長は同日、「山崎氏は(18日召集の)通常国会前に決着するよう求めていたのが、延ばしてほしいと話している」と述べた。

 片山氏については、参院自民党の重鎮である青木幹雄前参院議員会長(75)が、特例で公認するよう求めていた。一方、塩崎恭久元官房長官や山本一太参院議員らが13日、谷垣氏に対し「(参院比例代表の)70歳定年制という党の内規は厳守すべきだ」と要請するなど、執行部に公認しないよう圧力を強めている。

 執行部は当初、片山氏や山崎氏らについて週内の決着を目指していた。しかし、党内で賛否が交錯する状況で結論を出せば、党大会の進行にも影響が出かねないとして、14日に大島氏や党選対幹部が対応を協議し、結論先送りが得策と判断した。

【関連記事】
70歳定年厳格適用、参院からの安易な鞍替え禁止を 自民・塩崎氏ら
参院選比例の70歳定年制「ルールは守るべき」 舛添前厚労相
自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本
自民党再生 参院選しだいで党分裂も

自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
防犯カメラ立証不十分、窃盗容疑の店員無罪(読売新聞)
交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕−警視庁(時事通信)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)

<石綿>埋め立て処分基準を強化へ 環境省、住民の苦情受け(毎日新聞)

 環境省は、廃棄する石綿(アスベスト)の埋め立て処分基準見直しを検討する方針を決めた。石綿は耐水性の袋で二重に梱包(こんぽう)することなどが規定されているが、最終処分場の周辺住民らから、不十分との声が上がっている。近く省内に事業者や専門家による検討会を設置する。

 建築物から除去される廃石綿には、吹き付け石綿や断熱材などがある。廃棄物処理法により健康や生活環境に影響する恐れのある特別管理産業廃棄物に指定されており、処分基準が決められている。

 同省によると、廃石綿の処分量は年間4万〜5万トンで、1割程度は高温で焼却処理される。それ以外は埋め立て処分で、全国で約40業者が取り扱っているという。

 埋め立て処分基準では、廃石綿は大気中に飛散しないように十分な強度のあるプラスチック製袋などで二重に梱包するか、コンクリートなどで固形化することを定めている。しかし、処分場周辺の住民らからは、梱包では袋が破れて石綿が飛散する恐れがあるとの懸念が出ていた。これを受け同省は石綿の専門家や処理業者などでつくる検討会を近く設置し、年度内に2回程度会合を開く予定。来年度も継続審議し、検討結果をまとめる。同省産業廃棄物課は「袋が破れる危険性があるのか有識者の意見を聞き、飛散の可能性があるなら基準を見直す必要が出てくる」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
石綿肺:職場の従事者以外で初の確認 クボタに救済金請求
アスベスト:日野自動車とヤマハ発動機 補修用部品に含有
ヤマハ:バイクブレーキに石綿 静岡労働局が回収指示
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
石綿被害:患者が中央環境審小委で意見「労災同等救済を」

銀座の時計窃盗「爆窃団」男実行・女が売却(読売新聞)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム−経産省(時事通信)
<太陽光パネル>お砂場のお屋根で発電するよ 兵庫の保育所(毎日新聞)
<日米密約>報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に(毎日新聞)
<地震調査>家具固定せず、首都圏の4割強(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。